HOME | 特集自治会福祉ネットワークみんなの広場便利帳サイトマップ

投 稿

◆◆◆片倉台小学校の農園便り(草取り)◆◆◆

明日からは、夏休み。
一学期の終業式を終わって、全校生は学年別の畑の手入れが最後の仕事。
始まる前に、自分の木を観察写生している生徒もいる。

1年生の畑のサツマイモが雑草に埋もれそう。2年生から5年生は、キュウリ、トマト、なす、カボチャ、ジャガイモ、トウモロコシ、ピーマン等おもいおもいに植えられている。
赤く熟れたトマト、太った濃紺のなす、いたそうなキュウリがぶら下がっている。下校帰りの生徒が、ピーマンやナスを手にしているのを見かけることもある。
夏休みなってからは、毎日の当番が決まっていて、当番がもらえるルール。

6年生は、田んぼの草取り。水が少なくなった田んぼを、泥だらけになって、素手で根元をかき回している。
泥んこ遊びはいつでも楽しい。

サツマイモもお米も、秋にならなければ収穫の楽しみがやってこないが、それだけ喜びも大きい。
どうして食べるのか見てみたい。
 
木を写生
自分の木を写生している。
先生方と作業
先生は、手も口も忙しい。
雑草抜き
雑草なんかに負けないぞ。
実をつけた茄子
食べごろだな、うまそうだな。
多い茂る南瓜
カボチャのつるがおおいばり。
田の草抜き
泥んこ遊びは、楽しそう。



◆◆◆緑の募金箱が、花を付けてくれた◆◆◆

5袋の種今年も、緑の募金箱が自治会館の受付窓口にそっと置かれた。
昨年ももらったが、種は何時か忘れられてしまい、芽を出すことはなかった。
今度こそは忘れない内にと、プランターに朝顔、ひまわり、マリーゴールド、松葉ボタンそしてクリサンスマムの5種類を撒いた。

今、ひまわり、朝顔、マリーゴールド、松葉ボタンは庭をにぎわしてくれている。
クリサンスマムだけは小さな花を数個つけただけ。その他にも、白や黄色の花を付けた株を植えた。
昨年までは、わが家の庭には草花はほとんど咲いていなかったので華やいでいる。
ひまわりは、「向日葵」と書くくらいで、日光に向いて咲くものだと思っていたら、そうでもないことがわかった。
初めから、勝手にバラバラの方向を向いている。
北や、西を向いているものもある。日光の方向に無頓着である。その中でも変り種は、天辺に数個の花を付け、各葉の付け根には花目を付けている奴もいる。
まるで、360度太陽の光を受けられようにと、横着をしているのだろう。
こんなひまわりは初めてである。
初めは、まるで千手観音みたいだと興味をそそられたが、ひまわりは大輪を一つ付けて、すっくと立っている奴の方が貫禄がある。
 
 仏さんにも、少しお裾分けができた。来年は、モット、お裾分けができるようにしたいと思っている。

戻る

更新日:2005年7月26日
Copyright ©片倉台ホームページ委員会 All Rights Reserved.