八王子市片倉台自治会自主防災隊 
更新:

防災減災のひろば 防災減災の知識情報  赤十字奉仕団片倉台分団 HOME

片倉台自治会災害時一時公園避難場所での設営訓練開催
はなみずき公園/H31.4.14 10:00~12:00



大地震や大火災などの災害時に公園に避難した要配慮者や負傷者の為の設営訓練を実施しました。この訓練は最初に避難してきた一般住民で活動できる人たちが、どのような設営支援体制が可能かを知る事と、到着した活動できる人がどのような行動順序をとれば良いかを知る訓練です。

初めて体験する人達による設営で問題点・注意点を見つけ、事前に体験することにより実際の災害時に素早い活動行動により短時間での設営を目的としました。

A:到着した人が最初にする行動と協力者体制の進め方 倉庫開錠から備品搬出
B:作業担当班の決定と備品確認・開梱・設定場所への搬出
C:作業開始と改善改良 必要備品工具など確認
D:撤収・倉庫へ搬入

1:救護所テント・要配慮者テント・ トイレテントの設置 (設置場所の検討)
2:一般者用ブルーシートテントの設置 (ブランコテント・藤棚テント 樹木テントの設置方法)
3:救護所での簡易検査 (血圧・酸素濃度測定 切り傷軽傷)
4:カマドの設置 と湯沸かし・炊飯の実施 (カマドの置き場所 敷板材質)
5:設置場所の検討改善 トイレ組み立て 使用方法(大小・男女)
6:備品過不足・改善点 電池単3
7:今後必要な備品 (ブルーシート
8:トン汁・アルファー化米の試食による改善改良(美味しくする方法・食中毒防止)
9:その他全般
   

公園の備蓄倉庫の正面扉に貼ってある指示書 訓練用サンプル
 
 
最先着者は暗証番号で開錠する

自治会役員・自主防関係者・他班長・
リーダーには皆暗証番号を周知されている


通常内部は満杯状態
 



公園リーダーは集まった人達に進め方順序を説明し各班の協力者を要請する
協力者に各作業内容を説明する
 



設置場所を指示説明

 

作業事に班分けする 



天候にもよるが雨降りでなければブルーシートを最初に取り出し備品を並べる
担当者に必要備品が見つけやすい分かるようにする。開梱して設置場所へ運ぶ
  


 





箱一つ開梱するだけでも寒中なら?
 



安全な設置場所へ移動搬送


 
決められたテント設置場所に用具を運び設置開始する

 1:救護所のテントを最初に設置する。同時進行出来る時はベッド組み立ても開始する。




救護所用は側面幕が必要 背の高い人、脚立が欲しい


要配慮者用テントの設置 4人作業 

4人作業







一般者用テントは備蓄されてないのでブルーシートで代用/藤棚利用
枝に引っ掛かり張るのが困難・上部に水が溜まる問題


小枝が60cm以上棚上にあるのでテントを張りずらい
棚柵を利用して内側に三角テントを張る方法




ブランコテント/短時間で設置可能


温暖期の好天時には非常に有効 雨風対策を検討



トイレテント/簡易トイレの設置
簡易便器の組み立て
簡易便器の組立・使用方法は体験しないと難しい・衛生上も正しい使い方を体験しよう


1人は便器組み立て・2人はテント組み立て組み立て






トイレの入り口向きに配慮する

人目に配慮するが防犯も必要


ロープで固定/危険防止の為ロープに目印
ロープに目立つ布テープなどで目印をつける 

災害時にはアウトドア用の個人のテントは非常に有効です


雨風には問題あるが個人のテントは非常に有効で家族で簡単に組み立てられる


救護班も簡易検査器材が電池消耗で正しい値が出ない!!
酸素濃度器が見つからない!!


平時より救急箱の点検、電池チェックや実際使用が重要
止血手当用のポリ手袋・大型バンドエイドなどなども一括保管




炊き出し用 テントは食料品保管 アルファー化米炊飯 配膳用など荒天時の必需品


湯沸かし・炊飯用/カマドの位置を決める 防火上砂利道使用/砂場も検討


着火剤もあるが事前に薪を細く割っておく


公園内の樹木の枯れ枝は有効
市 市販の薪は非常に硬くナタがないと割れない

 断水想定でペットボトル水使用



風向きに注意・周囲の芝に燃え移る危険

一般木材・枯れ枝などは火が飛び散る危険性がある 
市販石膏ボードは溶けて危険

大鍋が傾いて危険な状態 


カマドの設置/防火上 砂利道上に設置/危険防止の為間隔を2m程度とる

風向きや火力が強いと炎が結構大きく火入れ口から出る。やけど衣服への着火に注意
付近の枯芝に飛び火に注意 消火器を傍に設置したい



配膳台・作業台がないとこんな姿勢で大変
こんな姿勢での配膳は大変


 
台があるといくらか楽になるが配膳台がない 


作業には配膳手袋使用/食中毒防止 
作業台がないと熱いけど手渡し作業


食事行列を体験/今日は暖かくおにぎりもトン汁も十分だがいざ災害時は果たして??
寒くて/暑くて 暗くて配給もおにぎり一つだけかもしれない


寒空 雨降り 酷暑の中の行列も検討課題



お花見ではありません! 公園に避難した人達(参加者)の災害食試食です。


災害食は塩/味噌の味付は絶対に必要です。
災害弱者の為の災害食も重要な問題です。


撤去撤収は次回訓練・災害に備えて速やかにきれいに

自主防に戻る


携帯サイト


制作校正文責 HP部会 関町佳寛

創刊2010.9.01 改定2016.6.22
Copyright ©片倉台ホームページ委員会 All Rights Reserved.