八王子市 片倉台自治会 HP部会 防災減災のひろば
更新:2014/10/05 16:59:54
 防災避難訓練「 自らの命は自ら守る」
災害は時・場所を選ばず想定外の規模・動き現象がある
人は誰も自然災害で自分が命を失うとは思っていないから命を落とす
学校との合同訓練の意味 
子供の防災意識・行動により大人は防災に目覚める
避難場所・避難所としての学校の特性を知る

生き延びる為:非常持出し袋の点検・呼子(笛)を身につける習慣・
生き延びてこその備蓄・避難生活である
平成26年度防災避難訓練の概要
(訓練当日実際の災害火災などで消防署が参加できない場合もあります)

実施日:平成26年10月04日 午前8:30〜12:00
小雨決行・雨天中止の場合は当日朝8:00までに広報車両にてお知らせします
好天に恵まれ関係者含め800人以上が参加しました。)
当日の写真はここをクリック

主催:
片倉台自治会
参加:
片倉台小学校
協力:八王子消防署北野出張所・南大沢警察・交通安全協会片倉台支部
八王子市赤十字奉仕団片倉台分団

実施対象:片倉台自治会全世帯91班(1586世帯)と片倉台小学校児童及び教職員
避難場所:指定の8公園から片倉台小学校への集団避難

避難訓練内容(想定)概要
(自治会資料・他より抜粋作成)

災害の想定
1:8:30頃地震が発生 (震度6弱〜6強想定)
2:大きな地震であったが倒壊家屋なし
3:家具の転倒により、怪我人が数人いる
4:広域に停電が発生している
5:自治会内では火災は発生してない
6:携帯電話はつながらない
7:片倉台小学校体育館の使用許可は行政からとれてない
 訓練の想定
1:家庭での行動:自分の身を守る・家族の安否確認
2:室内の破損状況確認「柱・天井・ガラス等の破損・落下物等」
3:電気・ガス・水道・電話等のライフラインのチェック(ブレーカー・器具の元栓)
4:全会員世帯は片小児童を含めて指定公園・片倉台小学校に避難集合
5:避難者は公園リーダーの指示に従い名簿で安否確認を登録をする
6:安否確認後リーダーの指示により小学校へ避難開始する 9:00頃〜
7:児童は小学校迄は保護者と一緒の行動をとり到着後は学校の指示に従う
8:片小会場での体験:煙体験・はしご車乗車など
9:片小会場での訓練:初期消火・救出搬出・AED操作・
10:防災用品展示 :各種の防災用品が紹介展示されます。
訓練経過  1:会館本部開設:自治会役員・自主防災隊事務局
2:公園避難場所開設準備(協力者を呼びかけ):公園リーダー
3:避難場所運営マニュアルの確認:公園リーダー
4:トランシーバーにて着任報告:公園リーダーから本部へ
5:状況掌握・名簿・連絡表記入:公園リーダー
6:本部より各公園リーダー宛て小学校への避難開始指示の無線連絡
7:各公園避難者→片小への集団移動開始:リーダーは本部へ無線連絡
8:本部← →各リーダー 無線にて状況報告
9:片小到着順に各種体験に参加・見学
10:主催者・関係者の挨拶講評
終了後スタンドパイプ(簡易消火ホース器具)の設置操作訓練の予定
自治会役員
の訓練の目標

1:名簿チックによる避難者の安否確認 ●名簿チェックまでの手順
2:自治会館と公園との連絡手段の確立●トランシーバー ●連絡係による伝達
3:避難経路の確立●自治会館・小学校〜公園間の避難路確認
4:公園での協力体制の確立●連絡班●名簿チェック●その他
5:救護所(片小)の開設●傷病者受け入れ態勢の確立
6:情報連絡の共有化の確立
 公園リーダ
ー担当作業

1:防災倉庫の開錠方法確認
2:協力者の募集
3:立ちテーブルの設置
4:名簿記入体制の確立
5:本部への連絡表の記票及び運搬者の確定
6:安否確認の状況掌握
7:本部との無線連絡
8:その他 問題事項の報告
 総括

1:全体の安全確保
2:公園周辺への配慮等
 事務局次長 1:全体の問題点等の把握
2:把握内容をまとめる
 救護部
1:会館着任後救護場所の確保及び報告
2:救護セット等の準備・確認
 車両班

1:広報終了後トレーラーを連結
2:道路状況の確認及び報告 
 
本部
1:本部及び救護所開設時に無線で連絡
2:公園避難状況の把握(無線使用)
3:時間毎の状況運営記録
 情報連絡部 1:各公園避難状況の把握(公園→名簿転記)
2:片小の状況報告
3:自治会の状況掌握及び情報の伝達
 
訓練案内 1:対象世帯へ配布 (9月18日配布済)
2:作成 「自主防災隊事務局」・監修「山本会長」・配布「総務」
 自主防事前準備
1:備品: 各倉庫確認
2:救護:救急セット内容確認
3:消火:ポンプメンテナンス及び放水稼働準備
4:カンパン・水:調達と自治会館搬入
5:レスキュー部:チェンソー等動作確認など
 時間経過 7:30・・・・ 自主防集合完了
8:00・・・・救護部(赤十字)集合
8:05・・・・広報車両車両にて案内開始(自主防)
8:10・・・・各公園役員(リーダー)集合完了
8:20・・・・自治会役員集合(除く公園リーダー)
8:20・・・・公園リーダー 倉庫開錠
8:30・・・・地震発生(震度6弱程度)
・・・・・・・・・・・各家庭 安全点検(電気・ガス・水道・火災・屋内外
・・・・・・・・・・・公園へ避難開始
8:40・・・・自治会自主防災隊本部開設・
9:00・・・・消防車両・煙体験装置・初期初期消火訓練・搬出訓練スタンバイ・救護所開設(テント)アルファー米・紅茶配布準備

10:20・・体験活動開始
11:40頃 ・・会長挨拶●消防所長講評●学校長挨拶
12:00・・訓練終了
12:30・・撤収後かたずけ
13:30・・反省会

 
避難時には呼子(笛)を身につけましょう。
万一に備えての救助救援・存在位置を知らせる為です。

初版発行日:2014年8月26日
Copyright ©片倉台ホームページ部会 All Rights Reserved.